情報処理安全確保支援士 検索サービス

情報処理安全確保支援士検索サービス

詳細情報

埼玉県川口市を拠点に、首都圏で活動する ITコーディネータ、経営と事業を支援するIT専門家です。
新しいITの安全な活用で、変化が味方になるビジネスとDXを支援します。
登録番号
023780
登録年月日
2022年4月1日
氏名
上ヶ平 裕彦
フリガナ
カミガヒラ ヒロヒコ
併記姓
併記名
生年月
更新期限
2025年3月31日
登録更新回数
-
試験合格年月
2021年12月
試験合格証番号
SC20211000865
オンライン講習修了年月日
実践講習修了年月日
実践講習受講履歴
自宅住所
勤務先住所
埼玉県
勤務先名称
上ヶ平IT事務所
公開用電話番号
048-254-8030
公開用メールアドレス
it@kamigahira.com
得意分野
新ビジネス・新技術の調査・分析と技術支援
マーケティング・セールス
システム要件定義・方式設計
Webサイト開発
基盤システム構築
保有スキル
(戦略) マーケティング
(企画) 要求分析手法
(企画) 非機能要件設計手法
(実装) プロジェクトマネジメント手法
(システム) クラウドコンピューティングの利用技術
保有資格
◆コンサルタント資格
国家資格 情報処理安全確保支援士
経済産業省推進資格 ITコーディネータ / ケース研修インストラクター
上級ウェブ解析士
上級SNSマネージャー
IoT検定レベル1 プロフェッショナル・コーディネータ
ディープラーニングG検定(JDLA Deep Learning for GENERAL 2019 #2)

◆エンジニア資格
画像処理エンジニア検定エキスパート
CGエンジニア検定エキスパート
マルチメディア検定エキスパート
日本ポストプロダクション協会(JPPA)認定 映像音響処理技術者

◆クリエイター資格
CGクリエイター検定エキスパート
Webデザイナー検定エキスパート
色彩検定UC級(UCアドバイザー)

◆写真資格
日本写真講師協会(JPIO)認定 フォトインストラクター
フォトマスター検定EX (エキスパート)

◆文書管理資格
日本経営協会(NOMA)認定 電子ファイリング検定A級
経歴
1999年より国内最大手のITベンダーで大規模ウェブサイトや企業基幹システムの構築を経た後、マーケティング部門とコンサルティングファームで、それぞれ5年の実務を経験。流通系・サービス系企業様を中心に、提案を差しあげたお客様は100社以上。300件以上の案件でお客様業務を支援してきました。デジタル画像処理技術を中心にしたAIやIoT、働き方改革、インターネットとウェブ技術全般、セキュリティ、DXにも確かな知見を待ちます。2019年5月に独立開業。

また、1989年より技術系出版社で月刊誌の編集部員、フリーランスライターおよびカメラマンの実務経験を持ち、文書や写真のプロとしても活動してきました。現在、日本写真学会 正会員、日本山岳写真協会 会員。
業務経験
2019年
・テレワーク等の働き方改革導入支援/IT戦略策定・情報管理規程コンサルティング(東京都中堅財団法人様)

2020年
・中小企業サイバーセキュリティ対策支援体制構築事業・サイバーセキュリティお助け隊(IPA・富士ゼロックス・NPOちば経営応援隊・NPO埼玉ITコーディネータ)
・埼玉県「新型コロナウイルス感染症対策に伴うテレワーク導入の緊急電話相談」(NPO埼玉ITコーディネータが埼玉県より受託)
・埼玉県「テレワーク緊急導入奨励金 事業」に係るアドバイザー
・クラウド(Azure)移行支援/運用改善(大手製薬企業様基幹システム)
・IT戦略コンサルティング/市場調査/要件定義(長野県農業事業者様ECサイト) 

2021年
・山形県デジタルアドバイザー(RFP作成支援)
・クラウド(AWS)移行支援/非機能要件・セキュリティ要件定義(中央省庁様国民サービス基盤)
・IT戦略策定支援/ローコード開発ツール導入支援(大手リースサービス業企業様)

現在継続
・2019年~ 川口商工会議所「かわビズ専門相談」
・2019年~ 中小企業119(旧ミラサポ) 登録専門家
・2020年~ 中小企業デジタル化応援隊 登録専門家
・2020年~ ITコーディネータ資格ケース研修インストラクター(日本情報システム・コンサルタント協会)
参考URL
上ヶ平IT事務所 ウェブサイト
https://it.kamigahira.com/
【注意事項】
 ・公開必須項目の「登録番号」、「更新期限」、「登録更新回数」、「登録年月日」、「試験合格年月」、
  「オンライン講習修了年月日」、「実践講習修了年月日」、「実践講習受講履歴」は全員公開します。
  ※「試験合格年月」について、情報処理の促進に関する法律施行規則第一条の規定に基づき試験を免除された者は、
   認定を受けた年月が表示されます。
  ※「実践講習受講履歴」は、過去2回分の記録を公開します。
 ・公開任意項目の「氏名」、「フリガナ」、「併記姓」、「併記名」、「生年月」、「試験合格証番号」、
  「自宅住所」、「勤務先住所」、「勤務先名称」は、登録者本人から提出された登録事項等公開届出書の指示に従って
  公開しています。なお、変更があった場合は、公開必須項目の「オンライン講習修了年月日」、
  「実践講習修了年月日」、「講習受講履歴」と合わせて、1ヵ月に1回の定期更新にて反映します。
  ※公開する氏名の漢字は、「常用漢字および人名漢字」に変換して表示しています。
  ※勤務先名称は、登録申請書の記載通りに表示しています。
 ・公開必須項目、及び公開任意項目のうち上記に記載された項目以外は、登録者自身により編集されます。
  ※登録者が掲載した内容について、当機構は一切の責任を負いません。
 ・所定の期間に講習を受講されなかった方や、名称使用停止処分の対象となっている方は、公開されておりません。
情報処理安全確保支援士の方はこちらページトップへ